« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月26日 (火)

夜の音

さらさらさらさら
さらさらさらさら

眠い 眠いね


さらさらさらさら

さらさらさらさら


おやすみなさい


たいそん

| | コメント (0)

2013年2月24日 (日)

鯛cafeインタビュー

今日の鯛cafeゲストは
神谷昇さん。
 
 
Q,神谷さんの最近はまっているのはなんですか?
 
 
A,マミーですかね。マミーポコ。
 
 
Q,神谷さんの好きな言葉はなんですか?
 
 
A,加油
 
 
Q,中国語ですか?
 
 
A,是。
 
 
Q,神谷さんの最近のお気に入りの場所を教えて下さい。
 
 
A,鯛cafeだよ、鯛cafe。京王井の頭線の新代田駅前徒歩1分。
 
 
Q,宣伝、ありがとうございます!
 
 
 
 
 
たいそん

| | コメント (4)

2013年2月16日 (土)

スジナシレポート・バレンタイン懺悔の陣

「タイソン大屋のはい、どーも!拝啓☆鶴瓶さん」
チーム懺悔
 
飯泉学×タイソン大屋
時々山本健史
 
 
題名『壁の向こう』
 
 
入れなければならないワード
 
●ベルリンの壁
●ホットワイン
●スーパー集中雨男
●どのシャンプーがいいか選手権
 
 
の、4つ。
 
【あらすじ】
 
み、水をください…
 
崩れるようにして
店に倒れかけの男がやってきた。
男(飯泉)はホームレス。名前はなく、099番、と番号で呼ばれる下層民だ。
098番ともめ、どうやら政府の役人にも追われているらしい。
しかも政府御用達
で愛欲の神業をもつ女038番に手を出してしまったらしい。
 
 
ここに来たのは伝説の003番だったマスター(タイソン)なら、なんとかしてくれると思ったからだ。
 
003は今は、虐げられる民・ふた桁、を抜け出しベルリンの壁を超え一般市民の四桁、1003番を取得、名前も、仙さんと名乗り暮らしていたのだ。
 
そして当時003の伝説を影で支えた男、003.5番こそが、今は中国からの留学生としてハンちゃん(健史)として共に暮らしているのだ。そのハンちゃんが99番に体を暖めさせるためにホットワインを飲ませる。
 
美味い…
と、99番の顔がほころぶ
 
と、そこに電話。
 
 
何故か99番(飯泉)が電話に出る!
 
…はい、003はうまくやっていますよ。こちら側の世界で。
 
驚く一同。
 
実は99番は、虐げられた民を支配する001番だったのだ。
身長を変え、体格を変え、自由に壁を超え、こちらの潜伏同士を探る向こうの政府のスパイだったのだ。
 
そしてハンちゃんも!
その部下002番で、ずっと003を監視していたのだ!!
 
003(タイソン)は禁止食材のフレンチトーストを密売しているのだ。
 
001が言う。
一度君のフレンチトーストとやらを食べてみたいよ。
しかし
001は3年前の戦闘で体の80%を失っており今は機械の体。かろうじてアルコールの味だけがわかるサイボーグだから
フレンチトーストの味がわからない。
 
003は002と目で合図し、001を店の秘密手術室に!
ギガガガガガ!
 
手術室は無事終了し
少し背の高くなった001が生まれ変わって登場した!
 
もう、壁向こうの世界になんか戻らなくていい!
また、新しい暮らしをここで始めよう!
フレンチトーストの味もわかるはずです。
去って行く001。
 
002はまた、もとのハンちゃんに戻り
新しい暮らしを取り戻した、かに見えた。
 
そこに、電話。
 
 
ホームレス99番の死体が発見されたとゆう。警察が聞き込み調査を行っている。
…大丈夫です、また戻ってきますから、その時捕まえましょう。
今のは?ニセモノ?何か裏がある。
 
 
おしまい
 
 
 
 
入れなければならないワードは前日2/14の3つをうけ、
2/14の飯泉タイソンより、15日の山本タイソンの方がセンパイだ、との事で、ワード4つ。まじか。
 
って事ではじまりましたが、なんとか4つクリアー!
 
SFなお話しにちょっと興奮してしまいました!
 
ちなみに鯛cafeの目玉メニューのプディングトーストを、フレンチトーストと劇中で言ってしまいスタッフに白い目で見られる場面もありましたが!
 
無事、終了しました。
 
 
次のゲストは…!?
また発表しますね!
 
 
 
その次回開催の、はいどーも!の激レア情報のメルマガ希望の方はこちら
 
 
HPの一番下にあるからね!鯛の会にご登録くださいませ(^o^)
 
 
 
たいそん

| | コメント (3)

2013年2月15日 (金)

スジナシレポート・バレンタイン告白の陣

2月14日の
 
「タイソン大屋のはい、どーも!〜拝啓☆鶴瓶さん」
山本健史× タイソン大屋(時々飯泉学)
 
題名『バレンタインの奇跡』
 
入れなければならないワード
●バレンタインデーキス♪(ワンフレーズ歌う)
 
●今日のコーヒーは、冬の恋人、あ、間違えた!冬のラブソングです。
 
●大阪城
 
 
【あらすじ】
 
ひどく緊張した男・ケンジが鯛cafeバイトの面接にくる。りんごと、カレーと、お母さんが好きなケンジ。そんな話しを聞きながら
オーナー・タイソンも何故か緊張している。
人を雇うのが初めてで、おまけにここは全て歌で接客する歌声喫茶なのだ。
みな採用前に心が折れて辞めていく。
ケンジで79人目。
 
しかしオーナーにはケンジが、来る、事はわかっていた。
何故なら、何日か前からケンジのお母さん(飯泉)の霊が店に来ていたのだ。
 
見えないお母さんに、思い出のカレーを歌にするケンジ。
 
するとケンジの目の前で、スプーンが!
コーヒーカップが!
 
ふわふわ浮いている!
 
それにお母さんにコーヒーを頼むと、冬のラブソングとゆうコーヒーが出てきた!
 
母さんに逢えた!
 
しかし、なんだかお母さんが変だ。
 
鯛cafeの厨房に入って
ポップコーンマシーンからポップコーンをボリボリ食べたり、
コーラをがぶ飲みしたり。
 
タイソンはケンジに相談する。
実はケンジ母の霊が鯛cafeで少し前から悪さをしていて困っていたのだ。
もしかして、生き霊?!
実は死んで居なくて!?
 
と、そこに電話。
ケンジの家からだ。
切れました、と、電話に出ないケンジ。
不信に思ってかけ直すタイソン。
 
意外な事実が!
 
やはりケンジ母は生きていた!
二年前から意識不明の寝たきりだった。
 
 
お母さんはケンジが心配で、それからコーラやポップコーンが食べたくて、いろんな欲や思いに縛られてここにいたんだ!
 
どうしようか。
 
 
などと話し合っているうちに、お母さん(飯泉)は、すーっといなくなった。
 
タイソンは言った。
ケンジくん、家に戻りなさい。たぶんお母さんは死んだ。お葬式を出しに帰りなさい!
あ、君は勿論採用だよ。
鯛cafeをよろしくね。
 
 
ケンジは帰宅する。
 
すると、また電話。
 
え!お母さんが意識を取り戻した!?
おめでとうございます♪
 
 
バレンタインの奇跡ですね。
 
電話を切ると店内を見渡し言った。
 
一人、成仏。
あと、まだたくさんいる(お客様)!
 
頑張るぞ〜!
 
 
 
おしまい
 
 
 
飯泉ママに翻弄された回でした!
飯泉学・自由!
 
しかも今回は変則的なタイソンと飯泉で、健史を待ち構えるという布陣なため、
入れなければならないワードを3つに増加、
タイソン飯泉でクリアする形に。
 
飯泉、今日のコーヒーは〜、をクリアしようとして、
最後の冬のラブソングを
冬のメリークリスマスと言ってしまう無責任ぶり!
突然タイソンが、
ラララ、ラーブソーング♪と久保田利伸を歌うプレーも。
 
ともあれ健史、お疲れ様。
今日は飯泉!
お前が緊張する番だぞ!
 
 
 
&nチーム懺悔・2013年2月15日(金)19時 飯泉学vsタイソン大屋(時々、山本健史)

◇場所◇
『鯛cafe』
京王井の頭線新代田駅より徒歩1分
世田谷区代田4-10-24フロント新代田1F
080-5511-0081

◇チケット代◇
鯛cafeオープニング特別価格
1800円(ワンドリンクとおまけ付き)

◇予約方法◇
以下のアドレスに必要事項を明記の上で、メールでご予約して下さい。

taicafe.ticket@gmail.com

・お名前(フリガナ)
・日時(14日もしくは15日)
・枚数
・連絡先(予約確認メールを送らせて頂きます。)

*定員を越えますと、予約を打ち切らせて頂く可能性があります。
あらかじめ、ご了承下さい。

*予約は公演のギリギリまでやります。
当日券は鯛cafe(tel:080-5511-0081)に、お問い合わせ下さい。

*公演に関してのお問い合わせはtaicafe.ticket@gmail.comで承ります。

たいそん

| | コメント (0)

2013年2月14日 (木)

鯛cafe本オープン!

下北沢のはじっこ、
新代田駅前にオープンしまっす!
 
改札出て、
横断歩道を渡って左に。
ファミリーマートを通り過ぎて100円ローソンの先にあります。
ラーメン二郎の向かいにあります!
 
鯛cafeの看板です〜
 
 
フロントのロゴはこんな感じです。
 
 
中には絵が飾ってあったりします。
また店内もご紹介しますね♪
 
さて!
今日はオープン記念!
やっぱり、スジナシをやります!
 
「タイソン大屋のはい、どーも!拝啓☆鶴瓶さん」
 
詳しくはこちら
 
 
18時半開場
19時開演
20時半、終了予定です!
 
 
 
ぜひ、遊びに来て下さいね!
 
 
 
 
たいそん

| | コメント (3)

2013年2月 9日 (土)

はいどーもin 鯛cafe

 
◆◆◆◆◆◆◆◆
 
鯛cafeオープニングイベント
「タイソン大屋のはいどーも!〜拝啓、鶴瓶さま〜バレンタイン企画」
 
◇日時◇
チーム告白・2013年2月14日(木)19時
山本健史vsタイソン大屋(時々、飯泉学)
チーム懺悔・2013年2月15日(金)19時
飯泉学vsタイソン大屋(時々、山本健史)
 
◇場所◇
『鯛cafe』
京王井の頭線新代田駅より徒歩1分
世田谷区代田4-10-24フロント新代田1F
 
◇チケット代◇
鯛cafeオープニング特別価格
1800円(ワンドリンクとおまけ付き)
 
◇予約方法◇
以下のアドレスに必要事項を明記の上で、メールでご予約して下さい。
 
 
・お名前(フリガナ)
・日時(14日もしくは15日)
・枚数
・連絡先(予約確認メールを送らせて頂きます。)
 
*定員を越えますと、予約を打ち切らせて頂く可能性があります。
あらかじめ、ご了承下さい。
 
*予約は公演の前日の23時59分までとさせて頂きます。
当日券は鯛cafe(tel:080-5511-0081)に、お問い合わせ下さい。
 
*公演に関してのお問い合わせはtaicafe.ticket@gmail.comで承ります。
 
 
 
たいそん

| | コメント (0)

鯛cafe!

タイソン、
念願の!カフェ!やりま〜す!
 
『鯛cafe』
 
です!
 
 
2月12日がオープンです♪
2/12、13はレセプション
2/14、15はバレンタイン企画!スジナシやります!
 
 
レセプションはスペシャルゲスト色々!
 
オープニングイベントのスジナシは
山本健史と!飯泉学!
 
 
 
遊びにきてくださいね!
 
 
 
場所はここ↓
 
下北沢駅から徒歩7分
新代田駅前!
 
住所
世田谷区代田4-10-24フロント新代田
 
 
 
楽しいパブ、みたいな感じです!
小さいけど!
 
 
14日からは18時から24時くらいまで。
 
3月7日からは、モーニングとランチとカフェタイム、さらには深夜もやっちゃうよ!
 
ゆかいな仲間もいるよ!
楽しみ♪
 
 
 
たいそん
 
 
 

| | コメント (4)

2013年2月 6日 (水)

北斗七星

 
電車の床に
ひっそりと北斗星。
 
死兆星は見えず。ひと安心。
 
 
たいそん

| | コメント (0)

2013年2月 3日 (日)

20年前に

このアパートに住んでた!
学生の時に!
 
まだ、あった !と、
当時この部屋に遊びにきてた悪友が写メで教えてくれた!
 
 
名前は
 
アパートと
 
マンションと
 
ペンションを
 
足して3で割った
 
パンションの
『寿パンション』
 
 
パンションっていったい?
今も謎のまま…
 
 
 
たいそん

| | コメント (0)

2013年2月 2日 (土)

静岡!伊豆!にらやま!

今日はON/OFFのライブだ!
 
たまたま偶然、静岡県東部にいらっしゃったらば!
 
韮山へ!
僕も友情出演するよ。
 
 
ON/OFF双子伝説外伝 〜伊豆の国編vol.2〜
 
2013年 2月2日(土) 開場 16:30/開演 17:00
 
<全席指定>一般\3,000-/高校生以下¥1,500-
 
伊豆の国市 韮山文化センター 韮山時代劇場・大ホール
 
〒410-2123 静岡県伊豆の国市四日町772 TEL 055-949-8600
JR三島駅より伊豆箱根鉄道線へ乗り換え。韮山駅下車。駅よりすぐ。
 
 
 
で!
2月2日はコンサートが終わったら
久しぶりに
鯛字、やりま〜す♪
 
先着5〜6人だけだと思うけど頑張って描きま〜す。
 
 
『鯛字』っちゅうのは
割りばしで一人一人に字を描くのね。
 
 
こんなんとか。
 
友達の子ども(2才)に描いたの。
ゆーてくれたらいろいろ描きます。
 
 
割りばしシリーズは
絵や字をハガキにしてたりします
 
これはキリン。
才能が走り出しますようにっていう絵です。
 
良かったら見てってください。
 
※鯛字とは関係ないですが、当日、僕と指相撲をやりたい方も是非声かけてくださいね〜
 
 
 
               たいそん
 
タイソンの秘密基地はこちらhttp://www.taison-ohya.com/
 
 
 

| | コメント (2)

2013年2月 1日 (金)

どきっ!とした

少し裏道をショートカットのつもり
 
てくてく道を歩いて
どきっ!
 
 
心臓つぶれるかと思った!
 
人形だよね?
 
君に向かって恵方巻き食べようか?
 
 
 
たいそん

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »